書籍
サーレの鐘楼

サーレの鐘楼

2003年9月のある朝、サレ教会の鐘楼が火災に遭い、ほぼ全焼してしまった。現在は改装され、この異形のモニュメントをご覧ください。

2003年9月のある朝、サレ教会の鐘楼が火災に遭い、ほぼ全焼してしまった。その1年後、ナバラ人の彫刻家フアン・ゴリティが、近くの野原で骨組みの炭化した跡を発見した。そして、市役所の協力を得て、焼けた梁を彫刻にして復活させ、現在、教会で見ることができる。


サン・マルティン教会にも17世紀からの歴史を感じさせる、ブロンズの円盤状の石碑、バスク地方特有の3階建てのギャラリー、6本のオーク材の梁を持つ塔があります。鐘楼は完全に再建された。特に、フランスで最も装飾が施された鐘を見学することができます。

サレ観光局では、6月から9月にかけてガイドツアーを開催しています

記事のダウンロード

その他の記事

この記事を共有する